「頭のよくなるゲーム はじめてのアルゴ」に編集協力


2016年 03月 14日

タイムインターメディア社の知識工学センターが編集協力した「頭のよくなるゲーム はじめてのアルゴ」が、2016 年 2 月 26 日に学研プラスから発売されました。

アルゴは、算数オリンピック委員会、東京大学数学科の学生有志、数学者のピーター・フランクル氏らが共同で発明・開発した相手のカードの数字をあてるゲームで、累計発行数 70 万部を超える大ヒットゲームです。

はじめてのアルゴはアルゴを幼児用にしたもので、ルールが少し簡単に、カードがブロックになっています。

はじめてのアルゴには、相手のブロックの数字をあてるゲームの他に、神経衰弱ゲームとたし算・ひき算ゲームが載っています。

学研出版サイト
日本発!世界中で大ヒット!! 頭のよくなる算数ゲーム累計発行70万部超! 未就学児から楽しめるアルゴ、『はじめてのアルゴ』が遂に登場!
商品情報  
商品名 頭のよくなるゲーム はじめてのアルゴ
対象年齢 5 歳以上
Game Design 算数オリンピック委員会 若杉栄二
発行 株式会社学研プラス
編集協力 株式会社タイムインターメディア
ISBN-13 978-4-05-750545-9
発売日 2016 年 2 月 26 日
価格 (税込) 2,160 円