Haskellによる関数プログラミングの思考法


2017年 03月 03日

当社顧問の山下伸夫が、関数型プログラミングに関するRichard Birdの新しい本
“Thinking Functionally with Haskell”を翻訳しました。

Haskellは純粋関数型言語の代表であり、数学で用いる単純な表法で問題を簡潔に記述できるため、プログラムを意図通りに論理的に手早く書くことができます。
つまり、多くのプログラミング言語では、プログラムができても様々なバグが残っている可能性があり、バグ取りに大量の時間を浪費しますが、数学的に構成されているプログラミング言語Haskellを用いることで、バグ取り時間を激減できるでしょう。

プログラムとして書け、実行し確認することは重要で、そのために多数の問題が本書には入っています。しかし、関数プログラミングの基本は、考え方、思考法を習得することが何より重要です。本書で関数的に考えることとは何かを、練習問題を通して学ぶことができます。

翻訳者の山下らが主催している読書会で、本書の発売に合わせて読書会をスタートしました。場所は、東銀座の歌舞伎座タワーの21階、朝日ネット・セミナールームで開催しています。
本書の解説を、実際に試したり、問題を実際に解いてみたり、質問、疑問もその場で試しながらHaskellのエキスパートが実演まで行う読書会です。
Haskell未経験者も歓迎とのことです。

第1回『Haskellによる関数プログラミングの思考法』読書会:https://sampou.connpass.com/

題名 Haskellによる関数プログラミングの思考法
副題 関数プログラミングの考え方・思考法を学ぶ!
著者 Richard Bird
訳者 山下伸夫
発行 アスキードワンゴ
版型 B5判
頁数 336ページ
ISBN 978-4-04-893053-6
発売日 2017年02月28日
定価 3024円(本体2800円+税)