成果コミット型ソリューション

柔軟性が高いシステムが求められる背景

年々テクノロジーは激しい進化を遂げており、市場環境もめまぐるしく変化し続けています。そうした状況の中、ビジネスを支えるITシステムにもスピードと対応性が強く求められるようになりました。

柔軟性が高いシステムが求められる背景

システムライフソリューション
‐ 継続的な改善モデル –

タイムインターメディアは10年以上前から「システムライフソリューション(SLS)」という、独自の開発モデルを提唱してきました。
SLSとは「システムを素早く開発し、ユーザの反応や環境の変化に応じて改善を繰り返すことで、永続的に発展するシステム」を実現するモデルです。
いわば、昨今注目されてきた『DevOps』的ソリューションを10年以上も前から実践しています。

システムライフソリューション

継続改善で成果をコミット

システムライフソリューションでは、市場環境の変化やユーザの反応に素早く対応し、運用を通して対応を評価します。 そして評価をもとに、さらなる改善をおこないます。

そうして改善と評価を繰り返すことにより、ビジネスニーズをコミットできるシステムに育て上げます。

継続改善で成果をコミット

当社のサービスや事例をまとめた詳しい資料をダウンロードいただけます。

サービス資料ダウンロード