情報セキュリティ基本方針

SECURITY

本方針は、株式会社タイムインターメディア(以下、当社という) の役員、監査役、顧問、社員、従業員、開発プロジェクトに外部から参加する人(以下、役職員とする)、その他当社の情報、並びに情報資産の利用を特に認められた者が、情報セキュリティの観点から遵守すべき事項を規定します。

当社は、システムを生み出すと共にその後の稼動運用中のシステムに対し安全を保障すると共に、変化、進化に積極的に取組む事業を営みます。それにあたり、当社が扱う全ての情報、並びに情報機器に重大な情報セキュリティ上の問題を未然に防ぐため、情報システムを活用した研究、開発、教育活動の安全性を確保した、社会に広く支持される情報セキュリティを実現します。具体的には、

  1. 顧客、及び顧客の情報システムについて、『TIME Solution Model』に準拠した開発モデルを用いて情報セキュリティを確保する。
  2. 社内の情報セキュリティ意識を高めるため、定期的に管理、及び教育を行う。
  3. Web コミュニケーションポータル『eviden』等により、情報の機密性、可用性、完全性を確保する。
  4. 関連する法令を遵守する。
  5. 上記を継続的に見直し、改善を行う。

当社では、お客様から一層信頼をして頂ける企業であり続けるために、情報セキュリティマネジメントの維持・運用及び改善に努めています。

当社は、全社でISMS認証(ISO/IEC27001:2013) を取得しており、高度なレベルで情報セキュリティのマネジメンが維持・運用されていることが客観的に証明されています。

シンボル ISMSロゴ
適用規格 ISO/IEC 27001:2013/JIS Q 27001:2014
認証証明書番号 IS 517787
認証範囲
  • Web アプリケーションシステムの提案、設計、開発、及び保守
  • 学校教育分野の業務支援アプリケーションシステムの提案、設計、開発、及び保守
  • 客先における情報システムの設計、開発及び保守に係る請負業務

当社は、情報システム,ソフトウェア開発、販売、サービス提供を事業としており、情報セキュリティの確保を重要な経営戦略に位置づけています。

リスクアセスメントに基づく効果的な情報セキュリティ対策を実施するとともに、すべての従業員が情報セキュリティに対して高い意識を持ち、脅威がもたらすリスクを低減する行動を主体的にとらなければなりません。 当社は、事業上及び法的要求事項、契約上のセキュリティ義務の責務を果たし、顧客の信頼に応えるために、「情報セキュリティ基本方針」を定め、これを実行し推進することを宣言します。

各種規約・法務関連