※現在、ブログ記事を移行中のため一部表示が崩れる場合がございます。
順次修正対応にあたっておりますので何卒ご了承いただけますよう、お願い致します。

MATH POWER 2017 向けに巨大パズル作成(10) 芋づる式


2017年 10月 04日

MATH POWER 2017で挑戦してもらう247合体ナンプレ関連についてあれこれ書いてきたが、もうイベントの日が間近だ。
ということで、合体ナンプレでしか経験できないような事を紹介しよう。

次の図の状態まで解き進んだとしよう。
まだ決まるところは色々あるのだが、非常に特徴的な決まり方がある。
それも、連続技といか、芋づる式というか、どんどん決まるのがある。

どんどん決まるのは、9x9の普通のナンプレでもあるのだが、この問題では、ある数字について、かなり広範囲に決まっていくので、次を見る前に、ぜひ自力で見つけてみよう。

candidate4 (700x686).jpg何が芋づる式かを以下に示す。

次図のD,E,F,G,H,I,J,Kの順番に一気に6が決まっていく。
13合体なので、縦、横にどんどん伸びていくというのはなく、芋づるがぐるぐる回る感じになるが、合体数が多くなると、上下左右にどんどん蔓がのびていくことがある。
つまり、はるか彼方に影響が出て数字が決まる。
このスケール感は、普通の9x9のナンプレでは全然味わうことができない。

candidate5 (700x687).jpg13合体でこのくらいの広がりがあるのだがから、247合体になったら一体どんな芋づる式がでてくるだろか。

では、会場で、あるいは公式生放送ニコニコ動画で楽しもう。


mathpower2017.pngのサムネール画像