※現在、ブログ記事を移行中のため一部表示が崩れる場合がございます。
順次修正対応にあたっておりますので何卒ご了承いただけますよう、お願い致します。

『関数プログラミング入門』が出た


2012年 11月 06日

関数プログラミングの世界の標準教科書である Introduction to Functional Programming using Haskell の翻訳が、つい先日出た。

Haskells.jpg

オーム社からで、翻訳は Haskellで有名な山下さんである。
定価3990円(税込)はちょっと高く感じるかもしれないが、これは原書よりもはるかに安く設定されており、オーム社の意気込みが感じられる。

A5判で、約400ページの本である。

既存の、つまり手続き型のプログラミング言語の本ばかり読んできた人は、かなり面食らうのではないかと思われる本である。
ちょっと見たところ、プログラミングの本というより、関数プログラミングとは何か書いた本といった雰囲気だ。
もちろん、例題などでは Hasekellが使われているのだが、解答がいちいち載っているわけではない。ネットで答、解説を探すと、著名な本名なのでかなり見つかる。もちろん、英語なのだが。
ということで、本書を読もうとして、Haskellをインストール(正しくはアップデート)した。
なかなか解り難いところもあって、じっくりと、そしてしばしばページを逆戻りして再確認などしないといけない本である。
圏論との関係も、本書のあちこちで、ちょろちょろと説明があるようだ。

読み進めながら、なにかちょろちょろと書き進められたらと思っている。