※現在、ブログ記事を移行中のため一部表示が崩れる場合がございます。
順次修正対応にあたっておりますので何卒ご了承いただけますよう、お願い致します。

#をシャープと言っていませんか?それは間違い。


2019年 01月 29日

プログラムでは、以下のように # を使うことがある。

#include <iostream>

この # をシャープと読んでいる人をよく見かけるが、それって正しいのだろうか?

(1)♯  (2)#

の2つが存在し、一方がシャープで、もう一方は違う呼び方をする。
右肩上がりと、右に傾いているので、形が違い、文字コードも違うので違う文字である。

そもそも、シャープってどういう形だっただろうか。シャープというからには、音楽記号のはずである。sharp.JPG どう見ても、右肩が上がっている。
ということは、(1)がシャープであり、(2)は違うようだ。
そして、(2)の方が、プログラムで出てくる#に近い。

さらに、キーボードの刻印も(2)であるはずだ。

# は元々はナンバーサインと呼ばれていた。そして日本では、井桁という呼び方があった。
# はハッシュとも呼ばれる。 # を付けることでハッシュタグにするのは知られているはずだ。

そして、英語では、普通 hash と言われ、シャープと言われることは無いようだ。

# を正式にシャープと呼ぶなどという正式な決まりはどこにも存在しないはずだが、それが非常に広まってしまっている。
逆に、# をハッシュと言うと、日本国内では通じない可能性が高い。

まあ、困ったものだが、そういう風になっているので、気をつけよう。