※現在、ブログ記事を移行中のため一部表示が崩れる場合がございます。
順次修正対応にあたっておりますので何卒ご了承いただけますよう、お願い致します。

Ubuntu/LinuxからWindowsをリモートデスクトップで使う


2017年 08月 11日

Ubuntuを使ったり、Windowsを使ったり、あるいは同時に使いたくなることがある。
それも離れた場所にある異なるOSのマシンを使いたくなる、あるいは操作しなければいけないことがある。

Windowsの場合、リモートデスクトップがあり、使う人は使っていると思う。
これを使えば、オフィスのマシンを外出先や家から操作することができるし、その逆もできる。

ということで、こんなことをしてみた。

remina-view.png
全体の背景、左のアイコンはUbuntuである。その中に、リモートのWindowsマシンの画面を1つのウィンドウの中に表示して、その中でWindows上で動く K-Shogi という将棋ソフトを動かしてみた。

まあ、たったこれだけであるが、マウスやキーボードによる入力も不自由なくできるので、遊びでも仕事でも何でもできる。

Windows上でのリモートデスクトップについては、いまさら紹介するまでもないと思うのと、書くのが面倒なので省略する。

同様のことができるのが、Ubuntuにもある。
実際、こういうリモートデスクトップ用のソフトはいくつも存在するようであるが、ここではUbuntuに初めから入っているデフォルトのリモートデスクトップである Remmina を使ってみた。
Remmina という名称を知っている必要さえない。
プログラム検索をするときに、「リモート」と入力すると、

remina-remote.pngたったこれだけで、Remminaが呼び出せるので、あとは指示にしたがって、つなぐ相手のマシンのIPアドレスを教えれば繋いでくれる。

調布のオフィスのUbuntuから、新宿の方にあるWindowsマシンを動かしている。
さすがに画像転送がやたらに多い場合はカクカクするが、通常の操作なら全然問題ない。

Remminaについて詳しく知りたければ、 本家のホームページ https://www.remmina.org/ へ行くのが良いが、実はそこはほとんど見ていない。
実際簡単だし、日本語での説明も色々ネット上にあるようなので、存在することだけをお知らせして終えることにする。